サロン脱毛との違い

施術台

照射パワーの違い

皮膚科クリニックなどで行うレーザー脱毛とエステサロンなどで行うレーザー脱毛(正確には光脱毛)との最大の違いはそのマシンの「照射パワー」に大きな差があります。皮膚科クリニックなどの「医療機関」では医師が常駐しているため、万が一施術中に何らかのトラブルが発生したとしても適切な処置が可能であるため、強力なレーザー光線を使ったレーザー脱毛治療を行うことが可能なのです。 ところがエステサロンの場合には法律上「長期的効果のある脱毛」というものは実施してはいけないことになっており、使える機器も低出力のレーザーマシンのみに限られています。通常医療用レーザー脱毛では、ムダ毛の毛の周期に合わせて数回の施術を行う必要があり、毛の量や質にも依存してしまいますが、 1ヶ月半から2ヶ月おきに、約6階からちょっかいの通院が必要となります。それに比べてエステサロンのほうはモニター価格割引やサービスを行っていることがあったりする為、料金は割安な場合がありますが、レーザー脱毛(正確には光脱毛)マシーンのパワーが低いため施術回数も多くなりがちであり、満足のいく脱毛レベルになるまでには施術回数が多くなってしまい、かえって料金がかかってしまう可能性があるのです。しかし、心斎橋のエステサロンの場合だと脱毛以外の美容メニューとセットになっているプランを提供している場合があります。そのプランを利用することで美しさに磨きをかけることが可能です。