痛くない脱毛

照射

痛みの違い

心斎橋の医療用脱毛で使う照射出力の強いレーザーの場合、高い出力のレーザーで毛根にある毛を再生する幹細胞を破壊して、半永久的に減毛を実施しますので、キッズは多少痛みが強いのです。逆に言えば痛みがあるからこそ、脱毛効果が大きいといえます。しかしエステサロンによるレーザー脱毛では、実際にはレーザーではなく「光脱毛」のマシンを使います。これは医療用レーザーマシンではないので、その出力は低く、痛みが少ないのも特徴です。医療用脱毛の痛みが、苦手な人のために、医療機関やクリニックでは麻酔を使うことが可能です。麻酔には次の2つがあります一つは(笑気ガス)というものでこのガスを吸入することによって、痛みを取り除きます。このガスは濃度が自由に設定できるため、危険性が少ないことが特徴です。もう一つが、クリームも出ているもので、肌に塗ると30分くらいで肌表面の感覚を鈍くすることができる麻酔です。以上のように皮膚科クリニックなどの皮膚科医や、クリニックなどのような医療機関とエステサロンのどのような非医療機関とでは、同じような(レーザー脱毛)とはいっても大きな違いがあります。それは、出力数です。医療機関の場合、強い出力数のレーザーで脱毛をすることができます。しかし、エステサロンの場合は、医療機関よりも弱い出力数で脱毛をしていきます。痛みに敏感なひとはエステサロンを選択しても良いでしょう。また、エステサロンの場合、費用が医療機関よりも割安です。なので、予算を多くとれない場合には、エステサロンを選択してもよいでしょう。